作道狂記

作道狂記

2019-02-06

マンガワンの「DOG END」打ち切りについて思うこと

清々しいほどに

2016年から連載を初めたこの漫画なんですけど 更新頻度が遅く話の流れを忘れてしまうことで有名でした。 最近は連載を休止していましたが 突然本日 「最終話」 が更新されました。 内容は超弩級の打ち切り回でした。 最終話の一個前の話との整合性が記憶を無くしたかのように全く無い というか謎の名詞がドンドン出てきて別の漫画かと思うくらいです。 打ち切りってもっと今の流れをどれだけ収めるのか というところに注力するのかと思っていたのですが まさかの予想の斜め上、いやこの場合は斜め下を行った出来でした。

読者を逆撫でする対応

まぁ正直打ち切りはしかたないと思うんです。 色々事情があるでしょう。 でもね なんでこんあ酷い出来の漫画を単行本にして売るんですか??? ありえないでしょ笑 誰が見ても失敗作ですよ。 「終わりよければ全て良し」の真逆です。 まぁまぁ単行本集めたいマニアも居るかもしれんしね? 売れる可能性が少しでもあるなら出版するでしょう。 ならね 他のもっと面白い漫画を単行本化させてあげたら??? そして 他の魅力的な漫画を打ち切りにしないで??? 僕個人の一番言いたい事はこれです。 マンガワンは 本当に面白い漫画を簡単に打ち切る才能と マジで面白くない漫画をだらだら掲載する才能が すこぶる優秀です。 僕は裏サンデーの頃からの古参なので知っていますが 完全無料から一部有料に移行したときの言い訳を覚えていますよ。 あまりにもアクセスが多くて無料では提供出来ないと仰っていましたね。 その頃の裏サンデーは本当に面白い漫画ばかりで全て読んでいました。 今のマンガワンはどうですか? クソみたいな漫画をサーバーに置きすぎじゃないですか? 本当にユーザーに面白い漫画を提供しようとする心意気は 僕には伝わりません。 「DOG END」の作者コメントや編集コメントに何も謝罪が書かれていないのがその証拠だと思います。 腐敗してしまいましたね、裏サンデーは死んだんですね、悲しいです。 っていう日記です。


twitterでつぶやくTWEET!
facebookでシェアするSHARE!
otherOTHER ARTICLE